社会福祉法人フェニックス公式サイト|ケアハウスかんべ村|グループホームかんべの里
»
»
»
»
18日

ブログ

年齢には勝てない?

居宅介護支援事業所かんべ村 佐藤と申します。

平成30年7月豪雨災害から1か月以上たちました。

まだまだ近隣では爪痕が残っており

私の近隣の場所でもボランティアの方々の賢明な作業が行われております。

先日、なかなか帰る事が出来なかった実家に戻る事が出来ました。

幸い大きな被害はなかったものの、川の水があふれ田畑が飲み込まれたとの事。

ビニールハウスに入るとびっくり。


草に覆われており入り込むのに躊躇してしまうくらいでした。

両親も身体が悪くなかなか手が着けれなかったのでしょう。 早く戻ってあげれなかった申し訳なさを胸に

いざ、草ぬき!寒い時期には快適なビニールハウスもさすが真夏は暑い!

普段は見ないような茎の太い草が生えておりゴミも流れており思った以上に手ごわい。

滝の様に流れる汗をぬぐいながら、被災地で作業するボランティアの方達を重ね 感謝の気持ちを感じ、

草だらけになり荒れ果てる前のハウスを思いだし、当たり前だった何事もない日常に感謝しました。


2時間かけ草ぬき作業終了。地面が見え、ホッとしました。

翌日、もう一つ浸かったビニールハウスの草向き作業を行い足腰が痛く、年齢を痛感しました。

ブログを打つ今現在も痛みで足が上がらず運動不足を痛感。昔はへっちゃらだったのに。

少しづつ暑さが和らいでおります。皆様も無理をされぬようお過ごしください。

 

 

お盆


グループホームかんべの里です

お盆も過ぎ少~し、朝晩涼しくなってきましたね(^_^;)

かんべの里では、皆さんご家族の方と一緒にお墓参りに行ったり、昼食を食べに行ったり
過ごされていました。

そんな中...

あるご入居者様より、「お墓参りに行きたいんじゃが連れて行ってくれんかね...」
とご希望があり一緒に行く事にしました!

スーパーで、お線香とお花を買って行き

お墓参りへ......



無事に終える事が出来、とても喜ばれ、元気でかんべの里で生活しているという事をご報告する事ができました!
また来年もお元気な報告が出来たらといい思います。

 

かき氷企画

こんにちは、ケアハウス相談員の佐古田です。

先日、かき氷企画をしました。

朝晩は過ごしやすくなってきましたが、日中はまだまだ暑いですね。

3時のおやつの時間に提供しました。
シロップはイチゴと抹茶を用意しました。
トッピングは、練乳、白玉、あんこをお好みで選んでもらいました。


↑私は氷削り担当でした


↑一番人気の宇治金時白玉練乳トッピング


↑欲張りな方はこんな感じの仕上がりになります。
 (イチゴ・抹茶シロップ両かけ全トッピング)



普段水分がなかなか入りにくい方も「とってもおいしかった。」
と言って全部食べておられました。
 

 

このページの先頭へ