社会福祉法人フェニックス公式サイト|ケアハウスかんべ村|グループホームかんべの里
»
»
»
»
24日

ブログ

施設長の休日

こんにちわ、ケアハウス 清水です
施設長のiPhoneをお借りして、仕事をしていましたら興味のある写真がありましたので
これは皆さんにご紹介しなければと・・。

施設長のプライベート 初公開です。
休日のある日、一人山へと(自分の山です)挑む果敢なお姿・・。


4時間半歩き続けた得物
じゃん!


「わたしは納得しない」と言い続ける施設長。(充分だと思います・・・。)

ほかにも面白きのこがたくさんあったのよ~って(笑)




ほかにも多趣味・アウトドア派の施設長。
これはシリーズ化できるかもしれないとたくらむ、 今日この頃です。
 

 

介護付きホーム協会研究サミット

介護付きホーム研究サミット 第6回介護付き事例研究発表全国大会IN東京
平成30年10月18日に開催されました。

中国ブロック大会から選出された、「濱口小百合・野平博子」が出場しました。
約500名が参加し、全国の事業所から集まった70事例のうち10事例が発表されました。

どの事例も参考になる事例ばかりで、とても勉強になりました。
全国津々浦々、ところ変われど私たちの志はひとつ「利用者のために・・」だと実感しました。
濱口ペアは残念ながら、入賞は逃しましたが素晴らしい発表でした。



特別講演では、普段聞くことができないような貴重なお話を聞かせていただきました。

<特別公演1 厚生労働省顧問 蒲原基道様(厚生労働省前事務次官、元厚生労働省老健局長)
 「地域包括ケアの深化-地域共生社会について」
<特別公演2 医療法人社団悠翔会 理事長・診療部長 佐々木淳様
 「介護付きホームにおける自立支援から看取りまで~看取りとは医療ではない、ケアだ。~」

自分の周囲には、広島に帰り熱く語ったのですが、ぜひ広島でも聞ける機会があれば
広く皆さんにも聞いてほしいと思います。

事例発表に取り組むのは、通常の業務もこなさなくてはならずとても大変だと思います。
私も過去に何度も大きな舞台で発表させていただきました。
それは自分や仲間の財産であり、発表までのプロセスが重要です。

皆さんもぜひ、挑戦してください。
応援、よろしくお願いします。

ケアハウス 清水


 

 

このページの先頭へ